toggle
2021-05-08

公園のリノベーション

神奈川県の湯河原万葉公園が竣工しました。

2016年頃の周辺調査など構想開始から関わり始めていたので、もう5年くらい経ちます。といっても当初は公園をどうするか?という話ではなく湯河原の温泉場をどうするかという話だったのですが。

温泉場区と呼ばれる地区を歩き回って、地域の資源を探し歩いたのですが、あれやこれやしているうちに公園と隣接する観光会館を改修する計画になっていきました。「公園を温泉場の入口の滞在広場として蘇らせる」というもの構想となりました。

温泉場区の入り口に万葉公園があるのですが、間口が狭いのと、改修前は脇に4階建ての観光会館がそびえ立っており、建物の背に公園があるとは思えないつくりになっていたので、まずは公園内に誘導するしつらえにしようということで改修の方針が決まっていきました。

いろいろなアイデアが出たのですが、立地上新しい木造の建物が建てれなかったり、隣接する千歳川が神奈川県と静岡県の県境だったりと規制が多く、観光会館を減築・建物の機能を縮小するということに。

 構想以後、建築の基本計画の際には自分も離れてしまったりもし、当初の計画からは徐々に縮小傾向でしたが、park-PFIという制度の活用が決まり、民間事業者が加わることになって、再び加わる頃には当初より大きな計画になってました笑

4/29にウチも関わってきた公園の前面部分がオープンし、夏には公園の奥につくられている温泉施設と合わさってグランドオープン予定です。

湯河原惣湯
https://yugawarasoyu.jp/?fbclid=IwAR0XEGuqEq2ejkqwEANBfzHK3AD31PWhA4C4A-0CnpmMqupeJHtGUWzmrBA

建物の方はカフェやコワーキングスペースになっていて、誰でも立ち寄れる施設となってます。
特にコーヒーや湯河原のみかんジュースがおいしいんで、お近くに来られる際にはぜひお立ち寄りください!

ようやく学生の頃に思い描いた、「自分の設計した公園で訪問者の声を聞いてニヤニヤするという」ほんのりした夢が叶いそうです。※もちろん自分だけですべて設計したわけではなく、建築チームに構造ガッツリお願いしたり、設計事務所時代の先輩に手伝いをお願いしたりと頼ってばかりですが。

というわけで、初めての公園計画は悔やまれることが多々ありながらも、なんとも楽しいものになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。